忍者ブログ

Adored

Now Playing: "Here's To Never Growing Up" by Avril Lavigne

Avril Lavigne by Avril Lavigne

アヴリル・ラヴィーン
Avril Lavigneの5thアルバム「アヴリル・ラヴィーン」聴きました。

1. Rock N Roll:★★★★★
元気いっぱい。
”When it's you and me, we don't need no one to tell us who to be.”っていうところが好き。

2. Here's To Never Growing Up:★★★★★
”I don't think we'll ever change.”っていうのが好き。例えば昔からの友達とか今のままずっと変わってほしくない、ずっと今のままの関係でいたいって思うことがあると思うけど、そういうふうに(勝手に)解釈すると(オイ)また違った印象になるのよね。

3. 17:★★★★★
今ティーンの子も、昔ティーンだった人も楽しめる曲だと思う。

4. Bitchin' Summer:★★★★★
メロディや歌詞とは反対になぜか切なくなる。

5. Let Me Go (feat. Chad Kroeger):★★★★★
曲の後半で歌詞が変わっていくのが好き。

6. Give You What You Like:★★★★★
”Is this love?”が可愛い。
The Pretty Reckless(Taylor Momsen)のYou(YouTube)を思い出しました。
※YouはThe Pretty Recklessの1stアルバム「ライト・ミー・アップ」(下記左の画像)の10曲目に収録されてます。右の画像は今年発売された2ndアルバム「ゴーイング・トゥ・ヘル」。(勝手に宣伝☆)
ライト・ミー・アップ ゴーイング・トゥ・ヘル 【テイラー・モムセン/『ゴシップガール』/ボーナス・トラック3曲収録/日本先行発売】

7. Bad Girl (feat. Marilyn Manson):★★★☆☆
曲の雰囲気に2ndアルバム「アンダー・マイ・スキン」を思い出しました。
アンダー・マイ・スキン

8. Hello Kitty:★★★☆☆
”トーキョー”っぽいサウンド。

9. You Ain't Seen Nothin' Yet:★★★★★
相手を知りたいっていう素直な気持ちを歌ってるよね。

10. Sippin' On Sunshine:★★★★★
恋してるあたしの気持ちは全部晴れ!って感じかしら(

11. Hello Heartache:★★★★★
"It's not the end. It's not the same."っていう部分、すごく共感できる。

12. Falling Fast:★★★★★
綺麗な曲。静かな曲調が良い。

13. Hush Hush:★★★★★
同じく綺麗な曲でも、これは別れを歌ってるのよね。

Bonus Tracks
14. Rock N Roll (Acoustic):省略

15. Bad Reputation:省略
Joan Jettのカバー。4thアルバム「グッバイ・ララバイ」にも収録されてたけど、自分の曲のように歌いこなしてるよね。
グッバイ・ララバイ

16. How You Remind Me:★★★★★
Nickelbackのカバー。切ない(4. Bitchin' Summerで感じた切なさとは別の切なさ)。

総合評価:★★★★★
Avril自身が色々な経験してるからこそなのかもしれないけど、そのとき瞬間瞬間の感情を切り取って歌詞に反映させているという印象を与えてくれます。なので歌詞に共感できる曲が多いし、浸れるのよね^^
PR

Lana Del Rey

ボーン・トゥ・ダイ ザ・パラダイス・エディション
最近Lana Del Reyの音楽が気になってます。
最初に聴いたのはPretty Little Liarsシーズン3の第24話で挿入歌として流れたRide。使われてたのが私の好きなシーンだったので曲も印象に残って、早速YouTubeでチェックしてみたのが始まり。
ほかにも聴いてみたら「結構いいじゃん」ってことで暇を見つけては色々聴いてみてます。

なんとなく音楽の雰囲気が70年代(?)というかレコード盤から流れてきそうなノスタルジックな感じで好き。アメリカによくある”dinerのジュークボックス”みたいな(私の勝手なイメージですが)。
声もかすれた低音から綺麗な高音/甘い高音まで、曲に合わせて幅広く使い分けているという印象。
歌詞も共感できる部分があって、孤独感とか痛みとか表現されていて良いです。切ないっていうのかな、そんな気持ちになります。

This Is What Makes Us Girls(YouTube)はGossip Girlの原作の中のIt Had to Be You: The Gossip Girl Prequelの世界みたい。この曲に出てくる主人公(?)の女の子、まさにSerenaでしょ(なんて☆)。

Lana Del Reyの生い立ちを知ると、本人の経験・過去が投影されてるのかなと思うけれど(This Is What Makes Us Girlsだけでなくほかの曲においても)。

It Had to Be You: The Gossip Girl Prequel
Gossip Girl: It Had To Be You

YouTubeでインタビュー少し見てみたんだけど("Lana Del Rey interview"で検索すると色々出てきます)、可愛い声してるのね。
ファンと交流?してる動画見るとファンに対してかなりフレンドリーなんだなぁって思うし、曲で受ける印象と違って笑顔も雰囲気も可愛いなと思いました。

※一番上の画像は「ボーン・トゥ・ダイ ザ・パラダイス・エディション」(Deluxe Edition・日本盤・2012年)で、↓↓これが2014年6月18日にリリースされた「ウルトラヴァイオレンス」(日本盤)。
ウルトラヴァイオレンス
West Coast、Ultraviolence、Brooklyn Baby聴いてみたんだけど、どれも孤独感が滲み出てて良い。なんだろう、愛について歌ってるんだけど”満たされていない感”っていうの?Taylor Swiftなんかの曲とは対極にあると言ったらわかりやすいかな(どちらがいいと言っているのではなく)。
固有名詞も出てくるし、小説で言ったらGossip Girlみたいな(何)

Homeward Bound by Aselin Debison

Homeward Bound
Aselin Debisonの3rdアルバムHomeward Bound聴きました。
Sweet is the Melodyというアルバムで、12歳のときだったかな、日本でもデビューしてたあのAselinです。
Moonlight ShadowがCMでも使われてたよね。

2ndアルバムBigger Than Meはロック/ポップな感じだったけど、Homeward Boundでは原点回帰(?)ってことで、1stアルバムのような仕上がりになってます。1stアルバム+より成長した仕上がり、を想像するとわかりやすいかもしれない。
Homeward BoundはAselinの公式サイトで全曲聞けます

1. Close To You ★★★★☆

2. Learning To Fly ★★★★★
サビのメロディがすごく好き。

3. Lie A Little ★★★★★
サビの高音がすごく綺麗。やっぱりAselinの歌声綺麗だなと再認識できる曲です。Sweet is the Melodyの頃のAselinを思い出しました。

4. Crying Shoulder ★★★★★
ゆったりした曲調が好き。このアルバムの曲すべてについて言えることでもあるんだけど、目を閉じて聴きたいなという曲です。

5. Homeward Bound ★★★★★
Aメロ・Bメロ(で合ってるのかわからないけど)のメロディが好き。

6. Wanderlust ★★★★☆
このアルバムの中で一番元気な曲調かも。

7. Too Far To Drive ★★★★☆

8. Paper Airplane ★★★★★
サビも好きだし、歌詞に込められたメッセージも好き。

9. Karen Anne ★★★★★
悲しい曲。この曲が書かれた背景を知りたくなる。

10. Can't We Just Dance ★★★★★
綺麗な曲。伴奏がケルト風?っていうのかな、Aselinっていう雰囲気がして好き。Sweet is the Melody思い出しました。

11. Queen of Sorrow ★★★★☆
これはポップかな。でもゆったりしていてAselinらしい。

12. Old Man Down ★★★★☆

総合評価:★★★★★
聴けば聴くほど味が出てくるアルバムです。
メロディにも歌声にも癒されるし、カントリー/フォーク/ポップ(?)の曲調は優しいし、休日にベッドに寝転がってエンドレスで聴いていたいなって思う。


1stアルバムSweet is the Melody/2ndアルバムBigger Than Me
スウィート・イズ・ザ・メロディ Bigger Than Me

Cold December Night

クリスマス
車のラジオで素敵なクリスマスソングが流れてきて、歌詞も可愛いし、歌声(男性)も優しくて、誰のなんていう曲だろう?と思って家に帰って調べてみたらMichael BubleのCold December Nightでした。
YouTube

Just fall in love with me this Christmasとか
So kiss me on this cold December nightなんて目の前で歌って欲しい!と思うし
'Cause I don't wanna be alone tonightもいいし
I'm here, I'm yoursもすごく好き♪

ここ最近はずっとAshley TisdaleのLast Christmasが好きだったけど、今年からはこのCold December Nightが私のクリスマスソングになりそう♪

Goodbye Lullaby

グッバイ・ララバイ(初回生産限定盤)(DVD付)
Avril Lavigneの4thアルバムGoodbye Lullaby聴きました。Avrilが言ってたように、ジャケットの印象そのままの綺麗な楽曲のそろったアルバム。第一印象の評価です。

1. Black Star ★★★★☆
すごく綺麗な曲なので本当は星5つにしたいところだけど、フルトラック聴きたかったという思いを込めて星4つ。Black Starはこのアルバムのイントロという位置づけのようです。

2. What The Hell ★★★★☆
3rdアルバムThe Best Damn Thingに収録されたGirlfriendのようなノリのいい底抜けに明るい曲です。

3. Push ★★★★★
Love, love, love...というところも好きだし、You and me...の部分も綺麗ですごく好き。

4. Wish You Were Here ★★★★★
出だしのメロディが綺麗。...I wish you were hereの部分も綺麗。こういう感じ大好きなんだよね。最後のNo I don't wanna let goのところも新鮮でした。

5. Smile ★★★★☆
なんとなく1stアルバムLet Goの頃の雰囲気。サビのAnd that's why...のメロディが好き。I smileの部分も可愛い^^なんか聴いてるとタイトルのとおり笑顔になっちゃう気がする。

6. Stop Standing There ★★★★★
サビが好き♪

7. I Love You ★★★★★
歌詞がすごく好き。”Tha's not why I love you”、”That's why I love you”って言ってる理由がすごく共感できるんだよね

8. Everybody Hurts ★★★★★
もうドンピシャ。何度リピートしても飽きないんじゃないかと思うくらい良い。Michelle Branchが好きな人はハマるんじゃないかな。

9. Not Enough ★★★★★
サビが好き♪

10. 4 Real ★★★★★
サビよりもIf I show you... I don't want to look back...のところが好き。Hold me down, hold me now...のところがすごく綺麗。

11. Darlin ★★★★★
Avrilが15歳のときに作った曲だそうで、そう思って聴いてみると1stアルバムの頃を彷彿とさせるような、でもこの4thアルバムの雰囲気にもぴったり合ってるような、歌詞に込められた意味を探ってしまいたくなる曲。

12. Alice (Extended Version) ★★★★☆
映画のために作ったというだけあって壮大。

13. Remember When ★★★★★
ピアノのおかげで綺麗で温かな雰囲気になってると思う。でも心に染み込んで来る歌詞は切ないです。ピアノはAvrilが弾いてるんだって。

14. Goodbye ★★★★★
これもAvrilによるピアノが温かい雰囲気を作り出してます。綺麗で哀しい曲。

ボーナストラック
15. What The Hell (Acoustic)
16. Push (Acoustic)
17. Wish You Were Here (Acoustic)
15、16、17まとめて:★★★★★
オリジナルとはまた違った印象になっていてすごく素敵。シンプルなんだけど、それがまた良い♪

18. Knockin' On Heaven's Door ★★★★☆
Bob Dylanのカバー。このアルバムに雰囲気がぴったり。

19. Bad Reputaion ★★★★☆
Joan Jettのカバー。元気な曲!Bad Reputaionって初めて聴いたけどカバーだって知らなかったらAvrilの曲だと信じちゃいそうな。Kristen StewartとDakota Fanningの映画The Runawaysが公開されたしタイムリー?

総合評価:★★★★★
毎曲綺麗、綺麗って言ってる気がするけど、本当に全体的にすごく綺麗なアルバムなのよね。Avrilの歌声も改めて綺麗だなと思いました。大満足です。Avrilのアルバムはそれぞれ雰囲気が違って、それぞれ良い。Avrilによると、Goodbye Lullabyはless pop rockなアルバムで、理由について、毎回同じものを作る必要はないとも言ってたけど、それが成功してる理由の一つなのかな?

TiK ToK by Avril Lavigne

エッセンシャル・ミックス
Avril LavigneがカバーしたKe$haのTiK ToKを聴きました。
Ke$haバージョンを聴いたことない人はまずこちらから。
Ke$haバージョンを聴いたら、次にAvrilバージョンを聴いてみて^^
個人的には、リズム感があってのれるKe$haの方が好きだけど、Avrilのはしっかり”Avrilバージョン”になっててすごいなと思いました。Avrilはやっぱりプロの歌手なんだってことを再認識。

What the Hell

ワット・ザ・ヘル(発売予定)
Avril LavigneのWhat the Hell、解禁になってから毎日聴いてます。明るい元気な曲調で、そういう意味ではGirlfriendを思い出します。しばらくリピート続きそうです。(YouTube/JustJaredでも聴けます)

All my life I've been good, but now
I'm thinking what the hell
All I want is to mess around
And I don't really care about

聴いてないときでもここ↑の部分がずっと頭の中で流れてます。
JustJaredによると
“What the Hell” is co-written by Max Martin, who is the man behind such hits as Britney Spears‘ “…Baby One More Time,” Kelly Clarkson’s “Since U Been Gone,” and Pink’s “So What.” (JustJared
だそうで、これ読んだときに思ったのが、(What the Hellとは関係ないけど)Baby One More Time懐かしい~ってこと^^本棚を探せば昔買ったBritneyのアルバムが眠ってるはず。
About
Nina Dobrev Cara
About Me Quotes Friends Link Here Gallery
Teen Lit. Read It.
洋書で読むティーン小説
Obsessed with
The Vampire Diaries
Watch TBL
The Beautiful Life
Comments
Cara 2016.12.08
kei 2016.12.07
Cara 2016.11.12
kei 2016.11.10
Cara 2016.11.08
kei 2016.11.05
Cara 2016.10.30
kei 2016.10.29
Cara 2016.10.20
kei 2016.10.19
Archives

Other
Mobile
Calendar
< 2017.09 >
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Currently watching
プリティ・リトル・ライアーズ 〈フィフス・シーズン〉 コンプリート・ボックス(13枚組) [DVD]
Pretty Little Liars - Season 5
A is for Adored...
Odd Birds
Odd Birds
by Ian Harding (Ezra from Pretty Little Liars)
- Pretty Little LiarsのEzra役のIan Hardingによるエッセイ集/自叙伝。

ウィ・ラヴ・ディズニー
We Love Disney(日本盤・全16曲・ボーナストラック3曲)
- ディズニーの名曲を豪華アーティストたちがカバーしたコンピレーション・アルバム。ドラマPretty Little LiarsにAria役で出演するLucy Haleも参加。
- 12. "Let It Go" (Frozen) Lucy Hale & Rascal Flatts

Bliss
Bliss
by Shay Mitchell (Emily from Pretty Little Liars) & Michaela Blaney
- Hardcover
- 320 pages
Pretty Little LiarsのShay Mitchellと親友Michaela Blaneyによる初の小説。21歳女子3人の恋、友情、幸せ探し物語。
- Adoredでの記事はこちら。

Life. Love. Beauty.
life. love. beauty
by Keegan Allen (Toby from Pretty Little Liars)
- Hardcover
- 304 pages
Pretty Little LiarsのToby役Keegan Allenによる初のフォトブック。自身が撮りためた写真に文章を添えたアーティスティックな作品。Pretty Little Liarsの4人の写真も。

Road Between
Road Between (*Deluxe Edition) by Lucy Hale (Aria from Pretty Little Liars)
Genre: Country
Tracklist:
1. You Sound Good to Me
2. From The Backseat
3. Nervous Girls
4. Red Dress
5. Goodbye Gone
6. Kiss Me
7. Road Between
8. Lie a Little Better
9. That's What I Call Crazy
10. Love Tonight
11. Just Another Song
*12. My Little Black Wedding Dress
*13. Feels Like Home
*14. Loved
*15. Kiss Me (Live Acoustic)
*16. Road Between (Live Acoustic)

Pretty Little Liars 2018 Calendar
Pretty Little Liars 2018 Calendar (16 months)
Friends
Search